■脳波振動とは= 脳波振動、ヨガ、願いを叶える…こんな言葉が新聞のチラシにありました。ブレインダンヨガスタジオとあります。この脳波振動とはいったいなんなのでしょうか。李承憲博士が開発した新しいトレーニングシステムとは?

脳波振動の意味とは。


「脳波振動」とはなんなのでしょう?
まず、言葉の基本的な意味をおさらいしたいと思います。

脳波とは脳に生じている電気活動です。
通常は、頭の皮膚に電極を複数配置して脳波を測定し、波形に加工します。
それを見て「アルファ波だからおちついている」とか判断します。

これらの波形でどんなことが判るかというと、てんかんなどのほか意識障害や睡眠障害などです。
脳波の測定はもちろん医療機関などで行われ、ふつうの家庭やオフィスで計れるものではありません。

さて、「脳波振動」とは、この言葉の意味から考えると、「脳波」の「振動」ということです。
はっきりいって「?????」です。

そこで関連するサイトを見てみました。
日本脳教育学会の「ILCHI.jp」というサイトです。
そこで「脳波振動とは?」という記述を読んでみました。
あきらかに翻訳調と感じられる文体で、読んでみると…さっぱり分かりません。
もっと日本語の上手な人に翻訳してもらいたいと思いました。
でも、なんとなく分かったのは「脳幹から新皮質を取り外す」というようなことです。
(この意味もさっぱり分かりませんが…)

さて、新聞のチラシにはこう書いてあります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
脳波振動とは、リズムに乗って自分本来の純粋な脳波を取り戻すためのトレーニング法です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

なるほど、「トレーニング法の一種」にたまたま「脳波振動」という言葉をあてたわけですか。
一般名詞の意味だけでとらえようとしては意味が通じないですものね。
ならば「●×トレーニング」とちゃんと「トレーニング」をつけて欲しかった気がします。

ところで、「自分本来の純粋な脳波」とはなんのことでしょう。
現在分かっている脳波には1〜3Hzのデルタ波からはじまって、シータ波(4〜7Hz )、アルファ波(8〜13Hz )、ベータ波(14〜30Hz )、ガンマ波(30〜64Hz)、オメガ波(64〜128Hz )、ロー波(128-512Hz )、シグマ波(512-1024Hz)まであります。
寝ている時や興奮している時など、それぞれの身体や心の活動状態によって発生する周波数が異なる傾向があることが知られています。
では、ふたたび「自分本来の純粋な脳波」とはなんなのでしょう。
上記の脳波の中のどれか、ということでしょうか。
それとも、まだ未知のものがあるというのでしょうか。

おそらく、現代の脳科学でも「それはナニ????」ということになると思います。
脳科学者の茂木健一郎さんならなんと答えるのでしょう。

開発者の李承憲とはどんな人?国際脳教育協会って?


脳波振動トレーニングを開発したのが李承憲という方です。

フー・イズ 李承憲?ということですが、サイト情報によれば、以下のような肩書きが記述されています。
国際脳教育総合大学院大学総長、(社)国際脳教育協会会長、米アリゾナ州セドナ一指瞑想センター設立者、(財)韓国脳科学研究院院長…
この他にも国際平和大学院大学の2代目総長であったとか、実に華々しい経歴。

ところで、国際脳教育総合大学院大学とはどこにあるのでしょう。
これが、ネットを駆使してさまざまな検索ワードで調べてみましたが分かりませんでした。
いったいどこにあるのでしょう。
全国大学ガイドや大学入試センター大学検索などにも該当はありません。
ひょっとすると韓国にある大学なのかもしれませんが、それならばそのように記述してほしいものです。
それとも、それぞれの脳の夢の中に存在する架空の大学なのでしょうか。

また、国際脳教育協会は、名古屋市北区に日本事務所があります。
そのホームページはありますが、全文韓国語です。

ところで脳波振動トレーニングを「ダンヨガスタジオ」というところで受けられるようです。
すでに日本全国にスタジオがあり、それぞれ活動しています。
料金は、お試しは3000円くら、週1回1ヶ月コースで10000円、という感じです。