今、話題になっているトピックや検索エンジンを賑わしているキーワードなどのリサーチサイト。それぞれ1ページでわかりやすくまとめてあります。2008年10月〜11月バージョン。

高田純次の名言・名台詞、こんなタイプの語録も…。

高田純次の名言、その2
−−−−−−−−−−−−−
「カイヤはガタイがでっかいからなー。あれやっつけるのには、相当根性いるだろうなあ」

「『全身浴』っていうのは頭まで入ることだよね」

「オレは100メートルを9秒で走れたよ。バイクで」

「キミ、松嶋菜々子に似てるって言われない? 言われないの? じゃぁ、似てないんだね」
−−−−−−−−−−−−−

このへんの名言は、論理的にはいちおう筋は通っているふうですが、やはり可笑しい。

また、下ネタ系の名言語録もあります。

−−−−−−−−−−−−−−
ロケでベッドが動かないと告げられ…
「まあ上で動くからいいんじゃない?」

「元木選手の夜のバットは、5割8分5厘だって」

「かあちゃんその頃日舞やっててね。
 体が柔らかくて色んな事出来たから、
         付き合うようになったんだ」
−−−−−−−−−−−−−−

というような下ネタ系でも、なぜか高田純次が言うとあまりいやらしい響きをまといません。
若者から同年配まで
「高田さんみたいに年齢をとれたら最高だ」
と、言わしめる魅力の秘密はそんなところにもあるのかもしれません。

……この記事の全文をみる