今、話題になっているトピックや検索エンジンを賑わしているキーワードなどのリサーチサイト。それぞれ1ページでわかりやすくまとめてあります。2008年10月〜11月バージョン。

内容証明郵便の雛形書式やサンプル例文は…。

まず、郵便局で定めたられた内容証明の書式があります。
それは文字数などを定めたもので、以下のような感じです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●文字の制限=用紙1枚につき520字以内
●縦書きの場合=1行20字以内、用紙1枚につき26行以内
●横書きの場合=1行26字以内、用紙1枚につき20行以内
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

つぎに、どんなふうに書けばよいかの例文です。
訪問販売で何か買ったのを7日以内にクーリングオフする場合の雛形を記述してみましょう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
通知書

私は●年●月●日に、貴社のセールスマン、●●氏より訪問を受け
貴社の製品「●●」を●●円で購入する契約を締結しました。
しかし、特定商取引に関する法律の規定に基づき、
本書面をもってその契約を解除いたします。

ついては契約締結に際して支払った金●●円を返金してください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これに、
「差出人はどこの誰か」
「受取人がどこの誰か」
「送付したのはいつか」
をはっきりと記します。
特にクーリングオフの場合、大切なのは「日付」になります。

他のケースの雛形(サンプル例文)ですが、自由国民社が発行している「内容証明の書式全集」なども参考になります。
また、内容証明を取り扱っている郵便局の窓口で聞いてもいろいろ親切に教えてくれる場合があります。

また、電子郵便による「e内容証明郵便」というのがあります。
これですと郵便局に赴かずにすみ、決済もクレジットカードでできます。
内容証明郵便を取り扱っている郵便局が遠い、などの場合はこちらも検討の価値があります。

……この記事の全文をみる