今、話題になっているトピックや検索エンジンを賑わしているキーワードなどのリサーチサイト。それぞれ1ページでわかりやすくまとめてあります。2008年10月〜11月バージョン。

内容証明郵便…売掛金や債権回収だけではなくクーリングオフなど身近な使用例も。

内容証明とは正確には「内容証明郵便」。
「どんな内容の手紙をいつ発送したのか」を郵便局が証明してくれる郵便物のことです。
それだけでは「伝えたいことが相手に伝わったのかどうか」が分からないので、「書留」にしなければ意味がありません。
さらに、「きちんと相手に届けましたよ」ということも明確でなければなりません。
ですから、普通は「内容証明」「書留」「配達証明」がセットで捉えられています。

さて、内容証明が使われるケースですが、和やかで友好的内容でこんな「特殊郵便」を使うわけはありません。
通常は債権回収や家賃滞納、債権譲渡や売掛金回収などが目的になります。

ですから、普通の人は「内容証明」を出す機会はあまりないと思いますが、訪問販売のクーリングオフや通信販売の解約、返金依頼など、それなりに使う場面もあるはずです。
ただ、内容証明郵便の出し方や送り方、あるいは書式(フォーマット)が分からないというのが一般的でしょう。

司法書士や行政書士などに依頼して出してもらう、というのも確実な手ではありますが、雛形やサンプル例文があれば誰でも自分で内容証明を送付することができます。

そこで、ちょっと調べたのですが、行政書士のHPなどでは

「ケースによっては一般的なテンプレート(雛形)では
 効果がのぞめない場合もあるし、
 通常は相談者に対して個別に有料で作成している」

という理由で、無料で公開していない場合もあります。

ただ、それでも「一般的な内容証明の雛形(サンプル例文)」が一見できれば、ずいぶんと助かりますし、いろいろ想像することもできますね。


……この記事の全文をみる